« 第三章 言葉を大切に  俗語の迫力 | トップページ

2018年9月19日 (水)

言葉を大切に 俗語の迫力

 

  金輪際なくなれる子を声かぎりこの世のものの呼びにけるかな     木下利玄『紅玉』
 金輪は、風輪、水輪、土輪などとともに、世界の相をあらわす仏教用語です。世界のもっとも深いところに金輪があり、その金輪の際(きわ)、無限に深い世界の涯(はて)を意味します。しかし、日常私たちは金輪際何々しない、などとよく使っていて、すでに俗語と言ってもいい言葉でしょう。こういう言葉を歌に持ち込むのはなかなかに力技なのですが、利玄のこの歌は、金輪際にその悲しさがあります。
 子が急病で亡くなる際、妻が泣き叫んでいる歌ですが、世界の涯に行ってしまうという思いと、もう金輪際会えないと言う気持ち、それが重なりあいつつあるからこそ、妻の悲壮な叫びを「この世のものの呼びにけるかな」と言う表現が生きてくるのでしょう。所詮「この世のものの」呼びかけは、金輪の向こうに行ってしまうわが子には伝わらない、そんな読みを導いてくれます。日常なにげなく使っている「金輪際」という言葉が新しく洗い直されるような気がします。
 ― 以上、 永井和宏著 『作歌のヒント』 ―
今回はいつもの私のパターンとなります。『歌の日曜散歩』うたわらドン・うたわらストーリーで放送して頂いたものです。放送日は2015年12月13日で、お題は、中島みゆきさんの【糸】の一節、「人は仕合わせと呼びます」の歌詞の前に付け加わるあなたのエピソード。
〇食事毎に「あなた方の命を頂きます」。仏壇の前で「ご先祖様、いつも見守っていて下さりありがとうございます」と手と手の皺を合わせれば・・・♪人は仕合わせと呼びます♪
〇昨年長男が高専を卒業し就職。今年は長女が大学を卒業し就職しました。私はこの春まで「学費に仕送りに大変だ」とぼやいてばかりいました。しかし、私に仕事があり、働き続けることが出来た。♪人は仕合わせと呼びます♪
追伸:来年は次女が大学に行く予定です。苦労もまた幸せ、仕合わせがまたやってきます。
 この日は以上の二編を採用していただきました。

« 第三章 言葉を大切に  俗語の迫力 | トップページ

趣味」カテゴリの記事

コメント

ヤマちゃん、こんばんは。

冒頭の歌、まず「金輪際」が読めませんでした。が解説を聞いている時にそうか、「こんりんざい」と読めました。
子を亡くした母の切ない気持ちを、夫が詠んだ歌に心が痛みます。

ご長女さんはこちらの大学に、通っているとばかり思っていましたが、もうご就職されたのですね。私の記憶は壊れているようです。

うたわらどん、採用良かったですね♪良いストーリーですね♪

ヤマちゃん、すみません。読み間違いをしました。

2015.12.13の日付でしたね。

ご次女さんがこちらの大学でしたね。読み間違いでした。大変失礼しました。

ラジビタはなさん、おはようございます。
普段は土曜半ドン(懐かしい?)なのですが、それを休んだ上、連休を利用して旅行に行きます。
妻の「いつもお父さんばかり」の言葉を背に行ってまいります。
いつも、コメント(人''▽`)ありがとう☆ございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉を大切に 俗語の迫力:

« 第三章 言葉を大切に  俗語の迫力 | トップページ

他のアカウント

無料ブログはココログ